おしらせ

イランでは古代遺跡を見学していると、荒れ地のような所でも多様な植物が花を咲かせていました。
イランの旅は忘れへんうちに 旅編に記載しています。

2012/04/30

7日目2 スメラの花は日本の花のよう2

区間内で見かけた花を連番にして掲載しています。
他の土地で見た花も、別の場所に咲いていれば載せています。その場合古い番号にしていので、番号が続かない場合もあります。

181 ゴマノハグサ科 不明
その拡大
日本にもありそうでなかった
182 キク科
葉が丸い
183 キク科
小さいが菊の葉が見える
184 キク科ニガナ属?
枝分かれして小さな花がたくさん付く
186 アカネ科ヤエムグラ属 ホソバヨツバムグラ 草152
ヤエでもヨツバでもなく、6枚のホソバ
葉の割に花が大きく、多い
185 ユキノシタ科ユキノシタ属
フキユキノシタ(草417)に似る
187 ナデシコ科マンテマ属?
その拡大
マンテマは花ではなく萼が丸く膨らんでいるが、この種は萼の先端が見えている
188 不明
189 バラ科ナナカマド属 ナナカマド
190 フウロソウ科フウロソウ属 ヒメフウロ 草373
葉も日本のものに似ている
191 不明
192 ベンケイソウ科マンネングサ属 シロベンケイソウ
同じ種?
193 不明
この区間の旅はこちら
花の続きはこちら 

※参考文献
「トルコの花」(岡田季代子 2008年 パレード)